« ポンプフューリ―という選択 | トップページ | デンツの手袋 »

2016年11月29日 (火)

アンデルセンアンデルセンの魅力

さて、12月も間近となり、本格的な冬の到来に備える時期がやってまいりました。
そうなると冬のアイテムの準備が忙しくなってきますが、冬服の代表格といえばニットではないでしょうか。
当然、アウターだなんだは冬の代表ではありますが、アウターは室内では脱いだりすることを考えると、終日着用する、、、となるとやはりニットかなぁと。
というのも、私も歳を重ねるごとにニットに対する姿勢が変わってきました。
高校生当時はニットはキライでしてwww
というのもストリート系な裏原ブーム全盛期でしたので、ニットよりはパーカーとかそういった毛色の洋服を愛用しておりましたし、高校卒業して洋服の趣味もキレイ目に変化してきた時も、ある程度の品質で、イロイロな種類を楽しみたい、、、という心情でした。
しかしながら、30も過ぎて参りますと、ワードローブと言われるモノもある程度固定されてきまして、毎年それなりのモノを複数の買って、楽しむというよりも、チョット良いモノを長く愛用したいなぁなんていう風に変化してきました。
当然、良いモノは肌触りも気持ちイイですから、ニットでいうと着用時のチクチクといったストレスからも解消されるワケですね。
一番は高品質なモノをとっかえひっかえできる財力があれば、一番ですが、生憎しがない小市民故にそれはチョットwww
ただ、それなりのモノを複数持つ・上質なモノを少数持つ
どちらが良い悪いというのは有りませんけどね。
私に関してはアチコチと洋服の路線を味見していた頃と比べて、洋服の趣味が固まってきたから、というのが一番の要因の様な気がしますけど。
さて、そんな長い前置きでしたが前述したような心境の変化もありまして、最近はニットもチョット良いモノ選ぶようになってきましたが、今年はついに前々から狙っていたニットをゲットしました。
(ここでいうネイビーはお色の事ではなくて、海軍という意味)
アンデルセンアンデルセンの詳細についてはコチラに暮らしく記載されていますが、ルックスから、細かなディテール、及び、品質面のコダワリからも、ストライクゾーンドンピシャです。
なかなか、値の張る価格設定ですが、内容をみれば納得できる逸品かと思います。
気になった方はチェックしてみても損はないと思いますよ!

« ポンプフューリ―という選択 | トップページ | デンツの手袋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809062/68625903

この記事へのトラックバック一覧です: アンデルセンアンデルセンの魅力:

« ポンプフューリ―という選択 | トップページ | デンツの手袋 »