2017年3月 8日 (水)

フェリージのカバンは超おススメ

皆様、フェリージといえば、何を想像されるでしょうか。
カバンや、ベルト、はたまた財布やキーケースのような革小物でしょうか。
かく云う私は大のフェリージ好きでして、財布からキーケース、名刺入れからベルトまでビジネススタイルはフェリージ一色ですww
というのも、値段と質のバランスが取れているなぁと個人的に思うから。
それなのにキッチリとして見えるし、どこか遊び心があるのは、母国のイタリアの風味のせいでしょうか。
その中でも、通称コロコロと呼ばれる財布を愛用している私。
お尻のポケットには入らないサイズ感よりカバンか小脇に抱えるなんてOLのようなスタイルとなる財布ですが、蛇腹状のカードポケットは一度使うと病みつきにww
ポケットが少なくていいので、もうちょっとスリムなポケットサイズのコロコロがあれば、即買いしちゃいたいくらい。
更には革のエイジングが味わえる上質なレザーというのもイイ!
まさに走攻守の揃った選手ではないでしょうか。
そんな私もこの度、フェリージ武装による守備力を高める為に、遂にあのアイテムを導入致しました。
201308160145394ad
コイツはもはやフェリージの看板商品といっても過言では無いくらいで、世のビジネスマンにフェリージといえば?と聞くと真っ先に挙がる商品ではないでしょうか。
それ程に認知されているフェリージですから、都会なんかにいくとカブる確率は高くなるのでしょうが、逆に言うとそれだけ品質面と、ルックス面、更にはコスト面をみても認められているという事ではないでしょうか。
8637についてはコチラのレビューを参照頂ければ詳細まで詳しく記載されておりますが、読めば読むほどにフェリージのクラフトマンシップに脱帽です。是非皆様チェックしてみてください。
そういえば、お買い得なコーチについても筆をとっていまいした。
コチラも併せてチェックしてみてください。

2017年1月19日 (木)

親子のお揃いアイテムについて

あけましておめでとうございます。
本年もマイペースに更新していきますのでよろしくお願い致します。
さてさて、新年一発目のネタについてですが、今回は過去から筆を取りたいな、、、とおもっていた親子コーデについて。
といいますのも私には6歳になる息子がおるのですが、その息子をある意味私の着せ替え人形の様に(というと語弊があるのですが)好きな洋服をきせては、カッコいいなぁ、可愛いなあと一人ホクホクしておるワケでございます。
その中でも当然私の好きなアイテムは子供にも着せたいという事で、過去から何度か私の愛用するアイテムのキッズサイズ品を買っては息子に着せて、自分もそのアイテムを着てお出かけ、、、と楽しい日々を過ごしております。
さて、というワケで今回はそんな親子コーデとして私が購入したアイテムで、コレは良かった!というモノをご紹介したいと思います。
それがコイツ。ラフルローレンの星条旗セーターでございます。
写真はリンク先を確認頂きたいのですが、まぁデザインが飛びぬけてカワイイです。
お子さんであれば、男の子、女の子問わずに着用できるデザインもサスガ。
更にはトラッドな雰囲気と可愛さを兼ね備えた、これぞラルフローレンという出来栄えです。
当然これであればお父さん、お母さんどちらでも着用できるまさに大定番と呼べるアイテムではないでしょうか。
ただ、皆さんの懸念である、カワイイのは分かったけど、直ぐにサイズが合わなくなって勿体ない、、、と感じる方も少なくないと思います。
かくいう私もそう考えながらも、臨時収入で大枚叩いて購入したクチですので。
ただ、実際に購入して、今となってはサイズアウトして誰も着れない洋服となりましたが、『コレはコレで、ミニチュアとしてとてもカワイイ』んです!
大人用の洋服をそのままリサイズした様な出来栄えですので、着用こそできませんが鑑賞用のコレクターズアイテムの様な雰囲気すらあります。
これは私がラルフローレンが大好きである事も影響していますが、案外当時の思い出等もフラッシュバックしてきて、案外保管しておくのも楽しいですよ。
お父さんと子供の親子コーデについては、全身揃えちゃうのは気恥ずかしかったりするかもしれませんが、
一点だけ、アイテムを揃えるというのは結構おススメですよ!

2016年12月12日 (月)

デンツの手袋

さてさてさて、12月も第2週を超えた頃から本格的に冷えてくるようになりましたね。
私もぼちぼちとマフラーや手袋といった小物を準備しようと思っておりましたところ、そういえばコイツについて筆をとっていなかったなぁという事で、今回ご紹介。
先にちょっと触れましたが、そう、今回は手袋についてです。
昨今はヨーロッパブランドの手袋も各ショップでチラホラみかける様になりましたね。
ノルディック柄のこれぞ冬!というニット手袋から、手の甲にウールをつけたコンビ手袋と、様々あります。
その中でも今回ご紹介するのは革手袋です。
スーツに合せる小物としては、サングラスや中折れ帽なんてのは若干恥ずかしさが有る場合もありますが、この手袋に関しては案外抵抗少なく使えるアイテムではないかと思います。
これは、スーツに限った事ではなく、カジュアルでも同様かと思いますが、一方で男性が、スーツ着用時にもてるアクセサリーというのは限られております故、こういったアイテムが雰囲気を決めるといっても過言では有りません。
ただ、革手袋といっても、イロイロありますが、やはり革モンといえば、一番はイタリアかと思います。
最近ではグローブスというブランドが比較的良心的な価格でありながら、触った感じも結構よくできていて、サスガイタリアとおもった事があります。
しかし、今回ご紹介するのは色気のあるスタイルがイタリアならば、紳士の様にびしっとした男らしいスタイルといえば、イギリスではないでしょうか。
どちらが好みなのか、、、という次元の話となりますが、このイギリスでも著名が手袋ブランドがあるんですね。
ソイツは そう デンツ(DENTS)というブランドです。
ココンチに関しては、100年を超えた歴史を持つ、手袋専業のブランド。
英国王室御用達の証であるロイヤルワラントも贈呈された由緒正しきブランド(メーカー)です。
巷ではココンチの手袋は手のひらにスゴイフィットするが故、ポケットの中の小銭ですら着用したまま取り出せるという伝説が有るほどです。
(実際は、私がチャレンジした時は無理でしたけどwwwww)
※そんなデンツの手袋について 詳細はコチラを参照ください。
これもサイズ選び(デンツのサイズ選びの詳細はコチラ)や、我々日本人の手の形状が、イギリスブランドであるデンツとマッチするかという問題もありますが、基本的にキツメを選ぶというセオリーさえ守れば十分に満足できるモノに育ってくれると思います。
丁度、ボーナスシーズンですし(笑)、少々値は張りますが 検討してみる余地はあるのではないでしょうか。
※デンツのペッカリー素材の手袋については、コチラに詳しくかかれております。 (今すぐチェック!)

2016年11月29日 (火)

アンデルセンアンデルセンの魅力

さて、12月も間近となり、本格的な冬の到来に備える時期がやってまいりました。
そうなると冬のアイテムの準備が忙しくなってきますが、冬服の代表格といえばニットではないでしょうか。
当然、アウターだなんだは冬の代表ではありますが、アウターは室内では脱いだりすることを考えると、終日着用する、、、となるとやはりニットかなぁと。
というのも、私も歳を重ねるごとにニットに対する姿勢が変わってきました。
高校生当時はニットはキライでしてwww
というのもストリート系な裏原ブーム全盛期でしたので、ニットよりはパーカーとかそういった毛色の洋服を愛用しておりましたし、高校卒業して洋服の趣味もキレイ目に変化してきた時も、ある程度の品質で、イロイロな種類を楽しみたい、、、という心情でした。
しかしながら、30も過ぎて参りますと、ワードローブと言われるモノもある程度固定されてきまして、毎年それなりのモノを複数の買って、楽しむというよりも、チョット良いモノを長く愛用したいなぁなんていう風に変化してきました。
当然、良いモノは肌触りも気持ちイイですから、ニットでいうと着用時のチクチクといったストレスからも解消されるワケですね。
一番は高品質なモノをとっかえひっかえできる財力があれば、一番ですが、生憎しがない小市民故にそれはチョットwww
ただ、それなりのモノを複数持つ・上質なモノを少数持つ
どちらが良い悪いというのは有りませんけどね。
私に関してはアチコチと洋服の路線を味見していた頃と比べて、洋服の趣味が固まってきたから、というのが一番の要因の様な気がしますけど。
さて、そんな長い前置きでしたが前述したような心境の変化もありまして、最近はニットもチョット良いモノ選ぶようになってきましたが、今年はついに前々から狙っていたニットをゲットしました。
(ここでいうネイビーはお色の事ではなくて、海軍という意味)
アンデルセンアンデルセンの詳細についてはコチラに暮らしく記載されていますが、ルックスから、細かなディテール、及び、品質面のコダワリからも、ストライクゾーンドンピシャです。
なかなか、値の張る価格設定ですが、内容をみれば納得できる逸品かと思います。
気になった方はチェックしてみても損はないと思いますよ!

2016年11月12日 (土)

ポンプフューリ―という選択

さて、そろそろボーナスを控え、物欲を加速させる準備をしている諸兄諸姉諸君、物欲解消のリサーチは順調でしょうか。

私としては、あまり過剰に流行を意識したデザインの洋服よりかは、定番とか名作とか呼ばれるような洋服が好みです。
例えば、オーバーサイズのMA-1という今年ドンピシャのアウターはありますが、そういうのを買うよりは先日ご紹介したバブアーとかその辺りのアウターが欲しかったりします。

まぁ流行に関係なく長年着用できる、、、という事がセレクトの根底にあるワケですが、そんな私も このスニーカーに関しては少々奇抜なカラーリングにハマってしまいました。

というのがコチラ。
ポンプフューリ―です。

もはや同じような世代の方であれば、この話だけて3時間は会話が出来るであろうリーボックの名作ですよね。
※ポンプフューリーについてはコチラに詳細が書かれています。
90年代のハイテクスニーカーブームを牽引した立役者といっても過言ではないコイツですが、何か奇抜かというとはやり独特なセンスのカラーリングではないでしょうか
香港返還モデルに代表されるような赤と黄色というデーハーな色味や、所謂トリコと言われる赤・白・青のトリコロールカラーの配色という、もはやスニーカーのみで多色使いのコーディネートが完成しているという非常に珍しいパターン。

通常は洋服全体でカラーコーディネートするんですけどねww
ポンプフューリ―に関しては足元の主張が強すぎて、他nアイテムをベーシックに抑えるという、足元ありきの独裁者っぷり。
ただ、このポンプフューリ―独特の土ふまず部分をザグったソール形状はポンプでしか味わえない履き心地ですし、インパクトたるや相当なモノです。
(というかデザインも完成されたカッコよさがありますよね。)
そして有り難い事に今でhあユアリーボックというリーボック内のページにて、自分のオリジナルカラーのポンプフューリ―を別注できるという至れり尽くせりのサービスもある様子。
この冬のボーナスのリサーチに追加してもいいのではないでしょうか。

2016年10月 9日 (日)

今年はバブアーを!

数年前から各セレクトショップの別注が目立つようになってきたバブアー。

いつからでしょうか。日本でコレほどにバブアーが大流行し始めたのは。
思いつく所でいうと、数年前のイギリスブームの頃でしょうか。

ただ、あのバブアー独特のシルエットや、高い位置にあるハンドウォーマーや、若干着丈の長いジャケット丈のアウターに漂う雰囲気が、一時のブームに終わらない魅力があった、ということかと思います。

とはいえ、オイルドクロス独特のベタつきと匂い、後はケアの面倒を考えるとどうも食指が動かない、、、という事態がもはや3年は続いておりましたが、今回ついに満を持して購入いたしました。

※バブアーに使われているのオイルドクロスの魅力とは

そんなバブアーにもオイルドクロスを使用していないラインナップもありますので、オイルはチョット、、、という方にはソチラがオススメです。
特に最近はウール時のバブアーなんかも別注されていたり、バブアーの上品は雰囲気はそのままにオイルドのデメリットもなくした、名作というべきモデルも存在しています。
かくいう私もそんなウールモデルのバブアーと、従来のオイルドのバブアーとでかなりアタマを悩ます要因となりました。

ただ、結局私はオイルドのバブアーを購入したんですがwww
だって、最初に惚れたバブアーはオイルドのバブアーだったからww

というのも私は都会在住でもないので、満員電車に乗ることもなければ、肩が触れるほどの人混みもない地方都市住民のため、それほどにオイルドバブアーのデメリットを危惧することもなかったという事も、大きいかと思います。

この辺りは各自のライフスタイルに合わせて選択頂ければと思います。
そのあたりの内容についてはコチラのブログにバブアー(ビデイルSL)の魅力が細かく記載されておりますので、バブアー購入を検討されている方は、参考になるのではないでしょうか。

2016年9月25日 (日)

オススメのサングラスはレイバンのクラブマスターだ!

最近は台風の影響もあって雨ばかりの天気となっております。
それに伴い気温も低下、秋を感じさせる気候となってまいりました。
秋を感じるという事は当然ながら夏もおわり、、、という事で、今回はこの夏に個人的に重宝したアイテムを’16年サマーのMVPとしてご紹介したいと思います。
ソイツがコチラ。(ででん)
レイバンのクラブマスターです。
※Ray-Banのクラブマスターの詳細についてはコチラを参照ください。
レイバンのクラブマスターといえば、泣く子も黙る程のサングラス界きってのベテランタレントですよね。
というか、レイバン自体が名作が多いですので、サングラスにご興味がある方であれば、レイバンや、レイバンのデザインがモチーフとなったサングラスはお持ちなのではないかと思います。
代表的なのがかのボブディランも愛用したといわれるウェイファーラーでしょうか。
赤いリムのウェイファーラーをかのカートコバーンが着用しているのをみて、高校生当時の私のハートをガッチリとロックした名作ですね。
あとはティアドロップといえばレイバンと言われる程に(また逆もしかり)なアビエイターですよね。
レンズの端にキラリと光るロゴがまたカッコいいんですよねww
日本では西部警察のイメージが強いですが(爆)
上記以外にも看板タレントが多く揃うレイバンでも、私がすきなのはこのクラブマスタ―なのです。
サーモントタイプのリムにゴールドパーツが超シブい!
私も齢30を過ぎてきましたが、こういった渋めのデザインがとても気分です。
また、この夏の猛暑とサンサンと降り注いだ日差しは近年まれにみる具合でしたもんで、おのずとサングラスの活躍の場も広がりまして、更にこのクラブマスターの汎用性たるや、どんな服装にもマッチしてくれるのでまさに八面六臂の大活躍だったワケですね。
この夏に着用したアイテムを回数別でカウントすると、何処にいくにもとりあえず携帯しておりました。
繰り返しますが、(これはレイバンの定番品全てに言える事ですが、)スタンダードなデザインですから流行り廃りに関係なく、またどんな服装にもマッチする汎用性がとにかく高いんです!
極端に流行に振れたサングラスを購入するのであれば、それは2本目以降にとっておいて、初め一本目はこういったデザインのモノを選ばれるのが得策かと思います。
そして、いまの気分でいうと、ウェイファーラーやアビエイターではなく、このクラブマスタ―が特におススメです!
気になった方がいましたら、是非!
自信をもってお勧めできる名作ですよ!

2016年8月29日 (月)

ALDEN コードバンシューズの魅力とは

皆様には憧れのブランドはありますでしょうか。
世の女性であれば、指輪ならハリーウィンストン、鞄であればエルメス、靴ならルブタン、、、なんで知った単語ばかり並べておりますがwwwそういった意味では男性であれは必然的に欲しいアイテムは少なくないと思います。
その点、男性であれば、時計、革靴とか、ある程度アイテムは絞られてくるかと思います。
というワケで、今回はハマるとナカナカ抜け出す事のできない革靴についてピックアップしてみたいと思います。(時計もハマると抜け出せませんがwww)
さて、ファッションに興味をもって、革靴というカテゴリーに注目した際に、まず情報として得やすいメーカーはおおよそ下記ではないでしょうか
 ・チャーチ
 ・クロケットジョーンズ
 ・トリッカーズ
 ・パラブーツ
 ・オールデン
 ちょっと背伸びして
 ・エドワードグリーン
 ・ジョンロブ
 ・J.M.ウエストン
 ・ベルルッティ
このあたりでしょうか。
いや、もちろんその他にも革靴メーカーは価格帯にて様々に群雄割拠しておりますので、一概なカテゴライズはできませんが、このあたりであれば、間違いない、、と言われるレベルかと思います。
まぁ、上記の5種類は高級紳士靴の入門編として特集される事も多いのですが、その中でも、特異的に注目されやすいモノといえば、オールデンではないでしょうか。
というのも、他のメーカーはカーフ(キズのすくない仔牛の革)を使用しているのに対し、オールデンはコードバンと呼ばれる牛のお尻の革を使っているのがあまりにも有名。(カーフを使った商品も有りますけどね)
まぁ、このコードバンとカーフ、どちらが優れているかなんて議論はそもそものベクトルが違いますので、一概に比較はできませんが、コードバンはコードバンの魅力があるんですよね。
ただ、そんな魅力あふれるコードバンにおいても、水に弱かったりイロイロと弱点もありますし、第一希少部位という事で値が張る、、、なんて背反も無きにしも非ず。
ただ、こういった短所含めて私はオールデンの魅力にハマるわけですが、購入を考えている皆様の参考となれば。

2016年7月26日 (火)

ハイランド2000のリネンのワッチキャップ

先日からジーパンを紹介し、ヘビーウェイトなT1011とキレイ目路線のアメカジを提案させていただきましたが、今回はソレに続くだい3弾。

それはワッチキャップです。

所謂ニットキャップですね。

というのも、ジーパン、Tシャツときて、帽子には普通のキャップときた日には(別に嫌いではないですが)あまりにもアメカジとして普通。


真夏の単調になりやすいコーディネートに咲かせる花といえば小物関係ですから、ここはワッチキャップにて大人仕上げとするのはいかがでしょうか。

さらに、今回ご紹介するワッチキャップは、ハイランド2000というイギリスのメーカー。
普通のアメカジスタイルにヨーロッパの風を吹き込むこのワッチキャップは本当に使い勝手が良さそうなんです。


と、いいますのも、皆様は秋冬にはワッチキャップをご利用になる機会が多いのではないかと思います。

それであれはワッチキャップの使い勝手の良さは説明不要かと思いますが、案外真夏スタイルでも結構ハマりますよ!

※真夏のハイランド2000ワッチキャップスタイルについて

上記のリンク先のブログにはこのハイランド2000についても詳細を記載しております。

やはりキャップのようなアイテムは子供に任せるとして、大人としては素材で選んだワッチキャップで花を添えるというお洒落スタイルが素敵だなーなんで思います。

値段も5000円程度と、手に入れやすい価格も魅力。

繰り返しますが、生産コストに厳しいこのご時世に未だにイギリス生産を続けるこのブランドで、かつこの価格設定となると、いやでも食指が動くのではないでしょうか。

ご興味が出た方、是非是非!!

2016年6月29日 (水)

ポケTサマー

さてさて、前回の生地にてジーパンをご紹介させて頂きました。

リゾルト。皆様はお手にとって見て頂いた事はありますでしょうか。

そんなジーパンを履くのであれば、、、ということで、リゾルト(というかジーパン)に相性バツグンなトップスを今回はご紹介いたしましょう。

昨今はシンプルなデザインが流行していまして、その中でもポケットTシャツが人気です。

ポケットが付いていることにより、良いアクセントとなり、まだ肌着感も薄れるという防御壁としてとても秀逸。

さらにはビッグシルエットも復調の兆しがありまして、ポケット付きのビッグTシャルつが一番オシャレなトレンドではないでしょうか。


とは言え、もう30歳をも超えた良いオトナが、流行ばかりを追いかけているのも若干イタイ感は否めませんので、ここはジーパンと同じく永遠の定番とよばれるモノで、流行に関係なく、いつでもだれでも着れて、かつコダワリが効いている様なワガママ満載なモノを紹介したいと思います。


そんな多方面に愛嬌をふりまく、ジーパにあうトップスといえば、
やはりチャンピオンのポケTは外せないのではないでしょうか。

さらに、チャンピオンでもポケTはは数多くありますが、その中でもT1011(ティー
テンイレブンと読む)ははやはり傑作と呼ぶにふさわしい出来であると思います。

※チャンピオンT1011の詳細はコチラ。

私に至っては、白無地ポケTだけでは飽きたらず、グレーのポケTも追加購入してしまう自体。
それほどに、このポケTは私のハートを掴んで離さないわけですねwww

詳細については、このリンクを参照いただきたいのですが、ぜひ手にとって感じて貰えればコイツの魅力はわかっていただけるかと思います。

この夏のアイテムとして是非手にとってみてはいかがでしょうか。

«ジーパン・サマー